BUYER SELECTION
2015.12.29

小さな体にアイデアがいっぱい!レシートプリンターの新境地

その昔「大きいことはいいことだ」というフレーズが流行った時代がありました。
これは1960年代に発売された森永製菓「エールチョコレート」のTVCMで使われたコピーです。
高度経済成長期の日本を象徴する流行語として、記憶に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし時は流れて現在。
携帯電話をはじめとして、特に精密機器のサイズに関しては小型化の一途をたどっており、まさに50年前とは真逆。「小さいことはいいことだ」というのが社会の流れとなっています。
それはレジ周辺機器にも言えること。

そんな中レシートプリンター、キッチンプリンターにおいて世界的シェアを誇っているEPSONが、タブレットPOSレジ用のレシートプリンターとしては破格のサイズを誇る新製品を発表しました。

それが「TM-m30」と「TM-m10」
従来機として広く使用されているTM-T20Ⅱの後継機種として、2015年12月より販売が開始されました。

マルチインターフェースを備えた「TM-m30」

TM-m30は従来機(TM-T20Ⅱ)と比べ、1/2サイズにコンパクト化を実現。
小型なのにしっかりとしたフォルムは、これまでのTMシリーズが持つ安定感を損なわない仕上がりです。


左がTM-m30、右がTM-T20Ⅱ

さらにTM-m30にはこれまでのレシートプリンターが実現できなかった特徴が備わっています。
それがマルチインターフェイス。この1台で有線LAN、Bluetooth、USB接続に対応しています。
既存のレシートプリンターでは、LANとBluetoothどちらかの接続にしか対応できていませんでしたが、両方同時に接続を行うことが可能になったことで、様々なメリットを考えることができます。

例えば通常時にLANケーブルを使った運用を行なっている店舗で、ネット回線が使用できなくなってしまった場合。
LANタイプのプリンターではレシートを印刷することができなくなってしまいますが、TM-m30ならタブレットPOSレジとプリンタ−をBluetooth接続に切り替えることで、レシートを発行できないという最悪の事態を回避することができます。

また複数の店舗を経営されている場合には、各店の接続環境に関係なくTM-m30をレシートプリンターとして使用することができ、全ての店舗で同一のプリンターを扱うことで、一つのプリンターが故障してしまった場合にも、別の店舗で余っているプリンターと交換することで簡単に解決できます。
また従業員間の機器に関する知識も共有することができますので、店舗経営者の方には嬉しい装備ですね。
またレシート用紙の幅は58mmと80mmの2種類に対応しています。
※スマレジでは80mmのみの対応となります。

過去最小サイズを実現した設置型レシートプリンター
「TM-m10」

TM-m10の特徴はとにかく圧倒的なスモールサイズ。
従来機(TM-T20Ⅱ)の1/4しかないその小ささは、まさに手のひらサイズという言葉がピッタリです。


本当に手のひらサイズの小ささ

その大きさは幅:102mm、奥行き:102mm、高さ:112mm。
わずか120mm四方のスペースに設置することができるので、これまでプリンターの置き場所にお困りだった小さなお店でもTM-m10ならきっとご活用いただけるはずです。

インターフェイスについては接続方法によって、有線LANモデルとBlluetoothモデルをご用意。
使用する店舗の運用方法によって選択することができます。
またレシート用紙の幅は58mmのみに対応しています。

プリンターをトランスフォームして、排紙方向を選べる

従来のレシートプリンターは、レシートを排出する方向があらかじめ決まっており、その方向によって向き不向きな運用方法がありました。
例えば飲食店のキッチンプリンターとして使用する場合、上面排紙では排出された小さな伝票が折り重なってしまい、どんな注文が入ったか確認しづらいため不向きであるなど。

しかしTM-m10とTM-m30は排紙方向を変更できるという特徴を持っており、どんな運用方法にもフレキシブルに対応することができます。

プリンター本体にはめ込む背面と底面のカバーがそれぞれ着脱可能になっており、設置箇所を交換してはめ込むことで、排紙方向を前面・上面の2パターンに変更することが可能です。
店舗でプリンターを設置する場所や、用途に合わせてこの1台で切り替えて対応することができます。


左上から前面排紙、分解、組み立て、右下が上面排紙となる

様々なメリットを生み出すTM-m10とTM-m30。
マルチインターフェイスというこれまでに無い接続機能、そして排紙方向の変更。
常に業界をリードする存在であるEPSONの飽くなき挑戦の賜物と言えるのではないでしょうか。

そして驚くべきはやはりそのサイズ。 時代は確かに「小さいことはいいことだ」という方向に進んでいると実感出来る商品です。

ご紹介した小型レシートプリンターの導入によって、店舗の運用方法がガラリと変わるかもしれません。
ぜひこの小型化革命にあなたのお店も乗ってみてはいかがでしょうか?

クラウド型POSレジ・スタートキット#7(レシートプリンター、ドロワ)【スマレジ】

ストアストア
¥ 65,772(税込)

LANでもBluetoothでも接続可能なマルチインターフェイスを搭載したレシートプリンターを含めたスタートキット。

バイヤーセレクション

ストア・ストアのバイヤーがオススメする、こだわりの商品をご紹介。商品の比較や利用シーンコラムなど、店舗運営に役立つ記事を掲載していきます。
月3回更新。