BUYER SELECTION
2016.11.18

サイズ・収納・プリンター連動!キャッシュドロアの違いと選び方教えます

サイズ・収納・プリンター連動!キャッシュドロアの違いと選び方教えます

お店というのは、商品を販売して利益を上げることが大きな目的ですよね。

当たり前のことですが、お客様から頂いた現金はお店の最も大切な財産です。
生々しいからといって目を逸らしてはいけません。お金は大事なんです。

そんなお金を保管し出し入れを行う機器、それがキャッシュドロアです。
レジにもプリンターにもバーコードリーダーにもこだわるのに、大事なお金を扱うキャッシュドロアがなんでもいいというわけにはいきません。

「キャッシュドロアなんてどれも一緒でしょ?」

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
実はそれぞれ個性を持っているんです。

今回は各キャッシュドロアの特徴や、最新のトレンドをご紹介。 ぜひあなたのお店に合う一品を見つけてください。

そもそもサイズに違いがある

とはいえ、お店に会うキャッシュドロアって何を基準に考えればいいのか。

一番わかりやすいのは、やっぱりサイズです。
お店によって広さには差がありますし、当然レジカウンターに使用できるスペースにも違いがあります。
小さなお店に大型キャッシュドロアは不要ですし、金銭授受の総額が大きいお店の場合、小型のキャッシュドロアでは対応仕切れない場合も。

DLAとE-A4

ストアストアで取り扱っているキャッシュドロアもサイズは様々です。
例えばエプソン販売のDLA-58ED3は、440mmという横幅、かなりの存在感。

またエプソン販売製のドロアで気をつけたいポイントがもう一つ。
このシリーズはDMA、DLAとサイズ分けされているのですが、実はDMA-48ED3の方が奥行きが480mmと、DLA-58ED3よりも20mm大きいのです。
DMAという名称と横幅だけで判断してDMA-48ED3を購入すると、実は設置スペースの奥行きが足りていなかった!というトラブルが起こることも。
しっかりドロア本体と設置スペースのサイズを計算して選んでください。

中身に大切なのは、内容量×使いやすさ

キャッシュドロアを使用するのは店舗スタッフです。
であれば、重要視すべきなのはスタッフさんの使い勝手ですよね。

できることなら印鑑や印紙をドロアに入れて保管したいものですが、たっぷり収納できる大型キャッシュドロアは、小さなお店にはそぐわないもの。

お店の邪魔にならない小型ドロアの内部を工夫して、十分な内容量を実現しているのがスター精密製のmPOP。

mPOP

手前に硬貨入れ、奥側に紙幣を入れるスペースがあります。
小型ゆえに紙幣は横に並べるのではなく、斜めに挿し入れるという仕様。
初めは苦戦するかもしれませんが慣れてしまえば問題なくお使いいただけます。
この形に慣れすぎて、mPOP以外の方が扱いづらくなったという方もいるほど。

mPOPの詳細については、mPOPが変える、レジ周辺の未来でも詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

店内ならプリンター連動、野外では非連動

お店の中で使用するレジなら、決済をした際に自動でドロアが開いてくれると便利です。
タブレットPOSを使用している店舗で同じような設定にする場合、キャッシュドロアをプリンターにつないで連動させる必要性があります。
それが可能なドロアにはDKDと呼ばれるケーブルが付属しています。これも機種によってついているもの、いないものがあるので気を付けましょう。

DKD接続

また屋外使用など、シチュエーションによって、DKD端子のない小型プリンターを使用する場合もあると思います。
その際はプリンターと連動ができませんので、手動開閉のドロアや金庫で対応することになります。

M-35SはDKDケーブルが元々付属していません。
フロントパネルを押すだけで、「チーン」という音とともにドロアが開きます。
キャッシュドロアはある程度の重量がありますから持ち運びに不便という方には、手提げ金庫CB-8300という手段も。

CB-8300とM-35S

野外で使用できる周辺機器については、夏に最適!野外でも使用できるレジ周辺機器でも詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

最新機種は小型がトレンド

この秋ストアストアでは2種類の新しいキャッシュドロアを販売開始しました。
2機種とも狭小な店舗でも設置しやすい、コンパクトさが売りの商品です。
期待のニューカマーをここでご紹介しておきましょう。

まずは、エプソン販売の小型ドロアCD-A3336。

CD-A3336

このドロアの特徴は、小さなボディにもかかわらず3札6硬貨の収納ができること。
さらに同社が提供しているレシートプリンターTM-m30、カスタマーディスプレイDM-D30の拡張機器としての側面もあるため、セットで使用すれば統一感のあるレジ周りを実現できます。

続いてエフケイシステム社の最新キャッシュドロア E-A4

E-A4

特徴はとにかく小さい!横幅はわずか20cmしかありません。
しかしこちらも3札6硬貨の収納が可能。
紙幣の収納はmPOP同様、斜めに挿し入れるタイプなので慣れが必要かもしれませんが、とにかくレジに使うスペースを最小限にしたいお店にはぴったりのドロアです。

自分に合うキャッシュドロアはこれ!
一目でわかるドロアチェック表

今回ご紹介した内を加味して、ストアストアで提供しているキャッシュドロアを一覧にしてみました。
サイズ、、内容量、重さ、プリンター連動の有無、価格。
それぞれの特色を確認しながらあなたのお店、要望にマッチするキャッシュドロアをお選びください

商品 商品データ・特徴
レシートプリンター内蔵キャッシュドロア mPOP(レシート用紙10巻付)
スター精密株式会社
W308×D300×H100
4紙幣6硬貨
約3.9kg
レシートプリンター内蔵キャッシュドロア
¥ 65,016(税込)
キャッシュドロア CD-A3336
セイコーエプソン株式会社
W330×D330×H101
3紙幣6硬貨(硬貨部分の幅を可動仕切り板により変更可能)
約5kg
プリンター連動タイプ
¥ 16,200(税込)
キャッシュドロア(中) DMA-48ED3
セイコーエプソン株式会社
W405×D480×H112
4紙幣8硬貨
約7.5kg
プリンター連動タイプ
¥ 16,200(税込)
キャッシュドロア(大) DLA-58ED3
セイコーエプソン株式会社
W440×D460×H117
4紙幣6硬貨
約8.5kg
プリンター連動タイプ
¥ 22,680(税込)
キャッシュドロア E-A4(6貨幣/3紙幣)
株式会社エフケイシステム
W208×D298×H95
紙幣3種・貨幣6種(紙幣・貨幣共に仕切りの調整が可能・紙幣部奥行き165mm)
約1.85kg
プリンター連動タイプ
¥ 7,560(税込)
キャッシュドロア M-35S(手動開閉タイプ)
株式会社エフケイシステム
W350×D350×H87
3紙幣6硬貨
約4.6kg
プリンター非連動タイプ
¥ 10,260(税込)
キャッシュドロア E-35S(3札6硬貨)
株式会社エフケイシステム
W350×D350×H80
3紙幣6硬貨
約4.6kg
プリンター連動タイプ
¥ 10,476(税込)
手提げ金庫 CB-8300
カール事務器
W197×L162×H86
¥500(51枚) / ¥100(50枚) / ¥50(50枚) / ¥10(51枚)
約850g
¥ 1,620(税込)

バイヤーセレクション

ストア・ストアのバイヤーがオススメする、こだわりの商品をご紹介。商品の比較や利用シーンコラムなど、店舗運営に役立つ記事を掲載していきます。
月3回更新。