BUYER SELECTION
2018.9.14

コンパクトPOSレジプリンター頂上決戦!
TM-m30 & mC-Print3徹底比較!

<h1>コンパクトPOSレジプリンター頂上決戦!<br>TM-m30 & mC-Print3徹底比較!

現在、ストアストアで単体のコンパクトレシートプリンターの王者として君臨する「エプソン TM-m30」

業界初、マルチインターフェイス搭載、LAN接続とBluetooth接続に対応。キューブ型のデザインがウケにウケ、未だに衰えを知らない大人気商品となりました。

多くのスマレジのお客さんにも愛用していただいております。

しかし!そんな王者を倒すべく、当店売れ筋ランキング1位のmPOPの提供元、スター精密から新製品が登場いたしました。

その名も「mC-Print3(エムシープリントスリー)」

mPOPの「店舗の機器をおしゃれに」「より簡単に」の意志を継いでいます。

今回は、TM-m30とmC-Print3を徹底比較したいと思っております。

mC-Print3にできること

ライトニングケーブルでiPadと有線接続

iPad POSレジに最適なプリンターとして、デザインやコンパクトなサイズにはもちろんこだわっていますが、店舗用システム向けの機器として「運用をとめないこと」が最大の使命です。そこで、レジ用iPadからレシート印刷を「有線」で実現しました。これはレシートプリンターでは、世界的にもスター精密のみが実現している機能です。

タブレットとの有線接続

iPadと有線接続している間は、プリンターに供給している電源を利用し、iPadも充電してくれます。充電の心配、余計な配線も必要ございません。

補足説明としてTM-m30、mC-Print3に搭載されているiPadとのBluetooth接続が店舗運営に向かない、というわけではありません。iPadからBluetooth通信するためには、機器としてMFi(Made for iPad)というApple社の認証を取得する必要があり、公式にiPadから通信できる機器として認定されています。しかしながら、例えば電子レンジが近くにあるなど、外的要因により障害発生が起こり得る(ゼロではない)ことへの「より良い仕様」として、mC-Print3には有線接続機能が搭載されています。

必要な機器が繋がるトータルソリューション

iPad POSに必要な機器はレシートプリンターだけではありません。現金を管理するキャッシュドロア、バーコードを読み込むスキャナー、金額表示をするカスタマーディスプレイなどがあります。mC-Print3では、プリンター経由でそれらの周辺機器を制御することが可能です。

必要な機器が繋がるトータルソリューション

mC-Print3と繋がる周辺機器

mPOP専用カスタマーディスプレイSCD222U

お客様に金額を大画面液晶で表示できるカスタマーディスプレイ
¥34,560(税込)
※随時追加予定

簡単セットアップでストレス軽減

タブレットPOSにおいては、店舗のオーナー様ご自身で、機器のセットアップを実施されるケースも少なくないです。従来の業務用レシートプリンターでは、専門のレジ業者等が設置訪問を行いセットアップすることが多かったですが、mC-Print3は、店舗様ご自身でのセットアップを意識し「かんたんセットアップシート」「オンラインマニュアル」が充実してます。

簡単セットアップでストレス軽減

オンラインマニュアルはこちらから

店舗で使用する製品としての高い信頼性

レシートプリンターには、レシート用紙をカットするためのオートカッター機構が搭載されています。mC-Print3では、寿命の目安が200万回カットとなっており、長期間安心してご利用いただくことが可能です。

仮に1日1,000枚のレシートを印刷×365日=365,000カット

2,000,000カット÷365,000カット=約5.4年

※スター精密推奨紙の場合。目安であり保証値ではありません。
※レシートプリンターはカッター寿命以外にも印字ヘッド寿命等の消耗部品があります。

かゆいところに手が届いてます。ロール紙のデカール機能

スター精密独自の機能です。レシート紙は、ロール紙と呼ばれる巻き上げタイプの紙が用いられます。通常のプリンターでは、巻き癖が残ったままの状態でレシートが排出されますが、スター精密の独自機構搭載のmC-Print3で印刷すれば、レシートのカールを軽減した状態で提供することができます。クレジット決済レシートのサインを依頼する際のストレスを軽減します。

キッチンでも活躍できるmC-Print3

飲食店様でのご利用の場合、レジ(レシート)用だけでなく、キッチンでオーダー伝票を印刷するシチュエーションがあります。mC-Print3では、キッチン用としてもご利用いただけるよう、以下の機能を盛り込んでいます。

  • 有線LANインターフェイス搭載
    キッチンプリンターの場合、リモートで印刷指示を行う、また複数のスタッフからの印字を行うことから、LANインターフェイスが向いています。

  • 防虫、防滴の考慮
    キッチンプリンターの悩みの1つが、虫と水滴への対策です。mC-Print3では、防虫に対する設計考慮と防滴性能IPX2相当を実現しています。

  • オーダー伝票の上端余白の節約機能
    専用のユーティリティーで設定することで、いわゆる「チビ伝」でも、中央1点残しカット(パーシャルカット)において、上端余白の節約ができます。

  • 音で知らせるメロディースピーカー
    オーダーが入った際に、伝票の印字だけでなく音で知らせるためのメロディースピーカー(またはブザー)もmC-Print3に装着することができるように、現在メロディースピーカーを開発中。

    ※2018年9月現在ではメロディーでオーダーを知らせる機能は搭載されておりません。メロディースピーカーの発売時期に関してはお問い合わせください。

TM-m30・mC-Print3 主要機能比較表

機能/機器名 TM-m30 mC-Print3
価格 ¥46,200(税抜) ¥49,000(税抜)
接続方法 LAN/Bluetooth LAN/Bluetooth/Lightningケーブル
機器のサイズ 上方向排紙時:127(W)×127(D)×135(H)mm
前方向排紙時:127(W)×133(D)×129(H)mm
132(W)x140(D)x125(H)mm
機器の重さ 約1.3Kg 約1.3Kg
カラーバリエーション 2色(ブラック/ホワイト) 2色(ブラック/ホワイト)
排紙方向 上面/前面 前面
印字速度 最大約200mm/秒 最大約250mm/秒
対応レシート幅 58mm/80mm 58mm/80mm
デカール機能
(印字したロール紙が丸まらない機能)
×
オートカッター寿命 約150万回 約200万回
USB-Aポート数 1 3

いかがでしたでしょうか?

どちらもモバイルPOSには欠かせない機能と、コンパクトでスタイリッシュなデザインを兼ね備えています。

あなたのお店にあった一台をお選びください。

バイヤーセレクション

ストア・ストアのバイヤーがオススメする、こだわりの商品をご紹介。商品の比較や利用シーンコラムなど、店舗運営に役立つ記事を掲載していきます。